プーケット発のダイビングサイトをご紹介【ナイスダイブプーケット】

お電話でのお問い合わせはこちらまで お気軽にどうぞ(国内通話料金でOK!)
日本国内から050-5328-2706 タイ国内から076-376291
トップページ >  ダイブサイト一覧 >  ラチャノイ島ダイビングサイト
ラチャノイ島
体験や講習、チェックダイブにも安心してお楽しみ頂けます

ラチャノイ島のダイビングサイト

ラチャノイ島の特徴

プーケットから船で南に約2時間ほど行ったところにあります。 ラチャヤイ島より、更に南にある島でタイ語で、ラチャ=王様、ノイ=小さい、という意味を持っています。 無人島で南北に2つの島からなっています。
ダイビングポイントは大きく分けて、島の西側と東側でシーズンや海洋状況によって潜るポイントが異なります。 東側の特徴は、主にローシーズンに潜る事が多くハイシーズンでも、海況がよければ東側にいきます。 真っ白な砂地が一面に広がっていて斜面に所々にあるサンゴの根にスズメダイなどのお魚達が集まっています。
西側の特徴は、主にハイシーズンに潜ります。東側とはうって変わって、島沿いにゴツゴツした岩が重なっており、場所によってはスイムスルーや流れにのって気持ちいいドリフトダイビングなんかも楽しめます。 また湾の中に入れば、サンゴが広がる景色も堪能できます。
無人島というだけあって、透明度はプーケット随一で、ジンベエザメやマンタなどの大物も回遊しており、運がよければ遭遇できるかも。

ラチャノイ島の東側

<ポイント>プーケット独特の青い海!!
・バナナベイ・マンタベイ・ラチャノイベイ
ラチャノイ島の東側は主にローシーズンに潜ることが多く、その中でもバナナベイやマンタベイといったポイントは真っ白な砂地の斜面があり、1年を通して比較的に透明度が良い事が多いこともあり、まるでゲレンデに来たような気分になります。
砂地の所々に枝サンゴの群生地帯があり、その上には無数のスズメダイなどのお魚達で覆い尽くされています。
また、砂地にはチンアナゴやコブシメ、時にはタイマイなどの変わった海洋生物にも逢えるのでダイバーを飽きさせません。さらには運が良ければジンベエザメやマンタに遭遇することがあるかも。

ラチャノイ島の西側

<ポイント>ダイナミックダイビング!!
・ノースポイント・カメラベイ
・マリーナベイ・マリタズベイ・ロック
ラチャノイ島の西側は主にハイシーズンに潜ることが多いです。 ラチャノイ島でも北側の島に、ノースポイントという大きな湾が2つあって水中景観は、ラチャノイ島全体に見られる大きな岩がそのまま水中に転がっている感じでダイナミックな景観です。 湾内は、ハードコーラルが広がっており、のんびりとしたポイント一旦湾の外に出ると、大小さまざまな岩が積み重なっており、スイムスルーがあったりします。 西側のマリーナベイとマリタズベイ・ロック岩場を抜けるとサンゴ畑が広がっている所もあるだけでなく、潮の流れも良く当るので、魚の群れが沢山生息しています。 スイムスルーなんかもお楽しみ頂けるだけでなく、小物から大物まで楽しめるポイントでマンタの目撃談も耳にします。

ラチャノイ島で逢いたいお魚達

<モヨウフグ>
フグ目:フグ科
50~100cm
白もしくは灰色の体色に複雑な模様があるのが特徴です。大きくなれば1mにもなりますが、お顔はノンビリしているので癒されます。大抵は単独で一箇所に留まっているので撮影チャンスを逃さずに。

<タテジマキンチャクダイ>
スズキ目:キンチャクダイ科
20~50cm
キンチャクダイの中でも最もポピュラーでインド洋型は背びれの後端の形が丸くなっていて太平洋型とは異なります。単独でいることが多く、少し臆病です。幼魚はとても鮮やかな青と白の模様で発見できるとラッキーです。

<スカンク
   アネモネフィッシュ>

スズキ目:スズメダイ科
5~10cm
身体の真ん中にある白い縦筋が特徴で、スカンクという名前がついていますがもちろん匂いを出すことはありません。イソギンチャクへの執着心が強く、臆病で離れることがありません。

ページトップへ戻る
Copyright(C)2005-2019. Nice Dive Phuket Co.,Ltd All Rights Reserved.