Blog
ブログ

プーケット旅行への規制:日本からタイへ
2022/05/17

コロナ禍もピークを通り越した空気の情勢です。5月からタイへの渡航規制が緩和されましたので簡単にご案内します。

日本からタイへの規制

まず、タイ渡航へは「タイランドパス」へ登録が必要です。必要な書類は【パスポート、1万ドル補償付き医療保険、ワクチン接種証明書、航空券】となってます。今年の4月まではその後、「テスト&ゴー」や「プーケットサンドボックス」の申請が必要でしたが2,022年5月以降、この申請は必要ありません。

1万ドル補償付き医療保険

規定ワクチン2回以上接種済の方

〇テスト&ゴー及びサンドボックス⇒廃止
〇日本出国前、タイ到着時のPCR検査⇒不要
〇5日目のATK検査⇒推奨
〇到着時のホテル送迎の手配⇒廃止
ファイザー・モデルナ・アストラゼネガ(2回以上)
ジョンソンエンドジョンソン(1回以上)

ワクチン未接種の方

日本出国前72時間前以内のRT-PCR検査の陰性証明書⇒ワクチン接種者と同じ
〇陰性証明書が無い場合⇒5日間のホテル隔離&5日目にPCR検査

まとめ

4月まではバンコクに着いてからPCR検査結果がでるまで有料ホテルで1泊程度待機、陰性ならOK、陽性なら自己負担隔離。。と時間が掛かりリスクも伴う形でした。現在は日本からタイへは渡航しやすくなっています。といってもご自身の感染予防対策はマストですね。

一方で日本帰国への規制はどうでしょうか?それはまた、明日お伝えします。