Blog
ブログ

タチャイピナクルでナイス
2022/12/23

タチャイピナクルでナイス

初めてのピナクル

証です。18日からバンコクからお越しのM様と2日目のダイビングクルーズ。タチャイピナクルでナイスダイブをしてきました。ここで潜ると魚に酔うと言われているほど、魚影の濃いポイントです。魚影が濃い上に、ジンベエやマンタと遭遇できる確率も高い為、このポイントが好きなダイバーは数多くいます。
最短2泊3日のクルーズで行くことができます。

ツインピークス

タチャイピナクルでナイス
タチャイピナクルでナイス

ボン島から20キロ北へのぼった所にある無人島です。

島から少し離れた所に隠れ根が2つ南北にあり南の根がメインのポイントとなっており、主に南側の大きな岩の群生エリアで潜ります。

水底に巨大な岩が鎮座しておりこの岩を中心とし、その周りを大小さまざまな形の岩が取り囲んで成り立っています。

この日は少々、西から強い潮が当たっていたのでM様の体力を温存するべく短めに潜りました。

アンダマン海の固有に出会いました

ロープ潜降してすぐに岩と岩の間のスイムするーに挑戦したところ、アンダマン海にしかいない固有種「アンダマンスイートリップス」が隠れていましたね。

M様、しっかり確認されておりました。

タチャイピナクルでナイス
アンダマンスイートリップス

残念ながらバラクーダの群れには逢うことができませんでしたが、ツバメウオなど流れがありながらもナイスダイブとなりました。

タチャイピナクルでナイス
ツバメウオ

少し頑張って岩の間を通り抜けて楽しんだり時には岩陰に隠れて休憩したり、工夫を凝らしながらのダイビングです。

タチャイピナクルでナイス
岩の間を通り抜け

ロウニンアジを観察

タチャイピナクルでナイス

2本目となるとキックをせずにロープに捕まりながらロウニンアジをじっくり観察しましたね。

動画を撮影しましたのでどうぞ。

ロウニンアジ

最後まで安全や疲れを軽減するダイビングでしたね。このペースで行けば、もうスキップする必要もなく、シミランに南下してのんびりだいができそうです。

タチャイピナクルでナイス!!

ご乗船された「ソンブン号」はこちら!!

バックナンバー

シミランでナイス
ヒンデンヒンムアンでナイス
ラチャヤイ島でナイスダイブ
タイガーテールシーホース
タテジマキンチャクダイ
マダラトビエイ
クラゲタクシー
ハゼとエビの共生
ゴシキエビ
オトヒメエビ
トマトアネモネフィッシュ
コラーレバタフライフィッシュ
アンダマンスイートリップス
スザクサラサエビ
ダイビングツアーのお客様
フリソデエビ

コメントを残す