Blog
ブログ

プーケットのダイブサイト【マリンパーク方面:ドクマイ島】
2022/07/25
ドクマイ島
ドクマイ島

ドクマイ島

外洋にポツンとある小島。
上空から見るとお花(タイ語でドクマイ)の形をしているように見えるからです。

この地図は微妙ですが、空撮したらそう見えるかもしれません。。。。

ドクマイ島
ドクマイ島

まさにアドベンチャーダイブ!!

ドクマイ島は外洋に突如現れる断崖絶壁の島、ボートから眺めるだけでも迫力があります。

島は南北に伸びており、島の東側か西側を潜ります。島の東側は、ウォールダイビングの楽しめるポイントで、マクロから群れ、大物まで何でも狙えるポイントです。途中にはケーブもあり、ケーブの中から見た景色はとても幻想的です。
一方で西側は、まったりとした斜面にサンゴの広がるポイントとなっており、のんびりとした景色が広がります。

流れに乗ってドリフトダイビングも楽しめるポイントで、朝、夕方のどちらかによって光の入り具合も違う為、いろんな顔を見せてくれます。

トーチがあると便利

ドクマイ島では夕方エントリーとなることが多いです。さらに島陰で潜るので、暗いのでトーチがあると便利です。トーチの方向を斜め下にして正面から来るダイバーさんや光に向かってくる「ダツ」への危険性も回避しましょう。珍しい生物が多いのでトーチを当てながらゆっくりと楽しめます。

また、人数が少なかったり中世浮力に問題が無ければケーブ内に入ることもあるのでトーチが役立ちます。

ドクマイ島
トーチで安全

バラクーダ出現率が高い

潮の流れが速いこともあるので、プランクトンなどの栄養分豊富なポイントとなります。

ふと上を見上げるとピックハンドルバラクーダやブラックフィンバラクーダの群れを見ることができるかもしれません。あまり追いかけすぎて島から離れないようにしましょう。

ドクマイ島
ピックハンドルバラクーダ

珍しい生物も多い

写真はハナヒゲウツボの幼魚と成魚とです。幼魚のうちは黒いのに成魚になると青くなりますが黄色いラインだけは残ります。

ウツボの中では、かなり小ぶりですが、常に口を開いて威嚇してきます。なかなか性格は荒らそうです。オスは成長するとメスになり、全身が黄色の体色になります(成長してもメスにならず黄色の体色になるものもいるようです)。

まとめ

ドクマイ島はプーケットから近い場所にあるので、ピピ島の帰りに1本潜ることやマリンパーク方面3ダイブのうち、1本潜ることが多いです。風が強い日などは島陰で潜ります。エントリー時に高波に気を付けて潜りましょう。

バックナンバー

プーケットのダイブサイト【ラチャヤイ島】

プーケットのダイブサイト【ピピ諸島】

プーケットのダイブサイト【ラチャノイ島:サウスチップ】

プーケットのダイブサイト【マリンパーク方面:キングクルーザー】